デジタルパーマの失敗でビビリ毛になってしまった髪の修復

By anewmaster, 2019年6月6日


【南堀江cinq(サンク)美容室・美容院】

繰り返した縮毛矯正と白髪染め。毛先にデジタルパーマをあてたことによりビビリ毛になってしまい藁にもすがる思いで遠方から南堀江cinq美容室ご来店いただいたお客様。

 

 

薬剤によるハイダメージでデジタルパーマのカールは出ないけど、バサバサにごわつきが出ている状態。

今回は南堀江cinq美容室企業秘密のビビリ修正の施術で

 

 

ビビリ毛を修復してデジタルパーマのカールを出せる状態にもっていけました。

 

 

 

見た目の状態や手触りや質感は修復されてお客様にも大変喜んでいただけたのですが、この施術は髪の美容整形みたいなもので、二度目はできません。

なので毛先のビビリ修正をした箇所にはデジタルパーマや縮毛矯正をしてしまうとまたビビリ毛になってしまう為、最終的には少しずつでもいいのでビビってしまっていた部分はカットしていくことをおすすめしています。

一番はビビらせないことなのですが、もしもビビってしまってその部分をきりたくない!という方は一度ご相談下さい。

なりたいイメージや状態を見極めて最善の施術をご提案させていただきます。

 

☎︎06-6535-9339

ヘアサロン  髪質改善